Hard Disk

どうすべきか考える

外付けhddの接続

disk

パソコンの外付けhddが認識しない状態になってしまった場合、いくつかの原因が考えられます。まずはデバイス認識がされていない場合です。デバイス表示とは、パソコンのスタートメニュー欄にあるマイコンピューターと書いている文字をクリックしたときに表示されるドライブのことです。認識しない場合においてはまず最初に外付けhddがきちんとパソコンに接続されているのかどうかを見ます。 デバイスマネージャーを起動してUSB接続のそれらしい表示の部分を探していきます。疑問符または感嘆符といったマークが出てきた場合においては接続されていませんので、繋ぎ直します。ドライバを削除してからもう一度繋ぎ直せば外付けhddが認識しない状態は解消される可能性があります。

対策と取り組み

次にパーティションの異常です。パーティーション部分の異常はドライブとして正常に認識できない状態になっていますので、ディスクの管理を起動して復旧させるようにします。CやDなどといったドライブレターの割り当てができれば、案外簡単に復旧させることができます。 しかし、厄介なのがファイルシステムが壊れている場合です。この場合、元通りにきちんと復旧できるとは限りません。この場合はまず必要なデータのバックアップを最優先にします。そのあとにエラーの修復作業に取り掛かります。 もっと厄介なのは物理障害が発生している場合です。ただ、外付けのhddの場合は内蔵hddよりも部品が多い分だけ壊れやすいですが、ユーザーが対処する選択肢も多いですので認識しない要因を見つけて解決できる場合も内蔵hddよりは可能性があります。 こうした直し方は全て自分で行える範囲で行えるわけですが、どうしても直らない場合は業者に修理に出すのが一般的です。現在は自分でもかなりの部分をチェックできるようになっており、トラブルへの対策も多くなってきています。